お隣の奥さんでも借りてる!消費者金融業界の現状とは?

消費者金融は貸金業規制法の改正や上限金利の引き下げで、大きく変わりました。
以前は利息制限法では20%の利率を超えてはいけないとしながらも、出資法の29.2%を上回らなければ利率を引き上げる企業も多くありました。
これはいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれ、大手の消費者金融でも利率の引き上げが盛んに行われていたのです。

しかし、現在では出資法においても利率は20%までと決められましたので、違反すれば厳しい刑事罰が与えられます。
ですから消費者金融では利益が出づらくなってしまい、中小の貸金業者は廃業や合併を余儀なくするところもありました。
例えば、大手銀行グループの傘下となり、資金調達を図るところも出てきているので、再編成しているところもあるのです。。

web完結申込みOK!《即日キャッシングしたい人はコチラ!》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>